土手っ腹で受け止めろ!

そんなことで泣いてるんじゃねぇ!すべてを土手っ腹で受け止めろ!

    5
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2013/04/06(土) 16:57:37.10 ID:B3VdZQX2T● BE:1378915564-PLT(14072) ポイント特典
    18529-0













    http://shupure-net.shueisha.co.jp/images/01.jpg
    http://shupure-net.shueisha.co.jp/images/02.jpg
    http://shupure-net.shueisha.co.jp/images/03.jpg

    http://shupure-net.shueisha.co.jp/images/morisaki_yuki_sample_01.jpg
    http://shupure-net.shueisha.co.jp/images/morisaki_yuki_sample_02.jpg
    http://shupure-net.shueisha.co.jp/images/morisaki_yuki_sample_03.jpg



    森崎友紀スペシャル写真集「森崎センセイTHEFINAL?」

    ◇スペシャル写真集(4/1Part.1up!Next4/8Part.2)“エロおいしい”のキャッチフレーズはまだまだ健在!
    3年前のグラビアデビュー、そして大ヒット写真集から約3年、遂に遂に遂に!!完全ビキニのオール撮り下ろしが実現。
    沖縄の気持ちのいい海、風に吹かれていつも以上に大胆に。雰囲気のいいヴィラやバーを舞台にピンクに、挑発的に。
    正直、今回がラストかもしれない……そんな思いに応えて燃えた、センセイの内なるSEXY。感じてください、料理研究家が歩んできたグラビアの軌跡を、グラビア魂を!
    http://shupure-net.shueisha.co.jp/

    【美しすぎる料理研究家 森崎友紀 南の島で弾けたボイン! これはチェンジ無し】の続きを読む

    2
    1: 影の軍団(第弐拾八期首席卒業生)ρ ★ 2013/04/08(月) 14:27:38.01 ID:???
    BlogPaint4月から放映される春ドラマの中で早速“視聴率ナンバー1”と評判になっているのが、渡辺淳一原作の『雲の階段』(日本テレビ、水曜22時~)。注目はストーリーもさることながらテレビの限界に迫る放送コードギリギリの官能シーンだ。

    「アッ、ア~ン。アフッ、ア~ン。先生、ここじゃだめ、誰か来ます」

    妖しくせつない女の喘ぎ声が病院の理事長室から漏れてくる。薄暗い部屋の中、パソコンの青白いバックライトで浮かび上がってくる男と女。長谷川博己が鬼気迫る顔で白衣の稲森いずみ(41)をデスクの上に無理やり押し倒す。
    白いストッキングを引きずり降ろしながら、首や胸元に強引な愛撫を繰り返す。

    「先生、どうしたんですか? いつもと違います。別人みたい…」

    やがて観念した稲森は両腕を回して長谷川を受け入れる。長谷川の激しい動きに「先生は私が守ってあげる。死んでもいい…」と叫ぶ。
    天井を喘ぎ見た長谷川の頬には一筋の涙が伝え落ちる。「一緒に死のうか!?」。厚生労働省からの聞き取り調査に怯え、やがて訪れる身の破滅を予感し稲森を呼び出したのだ。

    「そうだ俺はいつから雲の階段を上り始めてしまったのか…」。これはシノプシス一稿に書かれていたドラマ『雲の階段』の初回シーン。
    こんな長谷川の回想から始まるのだ。

    医師免許を持たないまま過疎の診療所でメスを握る長谷川。そんな彼を奪い合い、愛し抜いた2人の女性の生き様を描いていく。
    「見所は自分を献身的に支える看護師の稲森を愛しながらも少しずつ欲望に目覚め、善人から悪党になっていく長谷川の変身ぶり。
    島に遊びに来ていた大病院の令嬢・木村文乃(25)が盲腸になってしまう。手術をしないと彼女の命が助からない。

    唯一の医者である所長(大友康平)は東京に学会出席のため不在だった。一刻を争う事態に長谷川は法律違反と知りながら手術する。
    やがて木村が自分の父親を医療事故で殺した病院長(内藤剛志)の一人娘だと知るんです。
    長谷川は木村が自分に好意を寄せていることを逆手に取り復讐を誓う。そして、稲森を連れて大病院に赴任するんです」(ドラマ関係者)

    官能シーンはまだあった。長谷川に一目惚れした木村は、何とか自分に振り向かそうと一計を案じるのだ。
    長谷川が善人から悪党に豹変するきっかけとなる場面。

    ~酒を飲ませ酩酊状態の長谷川をホテルに連れ込む。馬乗りになった木村が長谷川のシャツを脱がし、半ば逆レイプといった状態になる。
    そこで彼女は長谷川との関係を疑っていた稲森の携帯に電話をかけ、カバンの中に放置する。

    やがて電話口からは木村の嬌声が聞こえてくる。「先生、もっと激しく。愛していると言って、何度も何度も」。
    酒に酔い夢心地の長谷川は稲森を想い「愛してる」と呟く。騎乗位のまま腰をグラインドさせた木村は微笑む~「この一件で稲森に振られてしまった長谷川は何かをふっ切ったように非情な人間になっていく。大事なシーンです」(事情通)

    他にも、長谷川のことを忘れられない稲森が、彼の身辺を嗅ぎまわる木村の婚約者(萩原聖人)と、一夜を共にするといった官能シーンが目白押しだという。

    「制作スタッフは東海テレビの『幸せな時間』でBPOから勧告を受けた問題の官能シーンを徹底研究し、激しい腰遣いやバストトップは映さないといった独自の濡れ場マニュアルを作成したそうだ」(同)

    同枠には『嵐』櫻井翔主演『家族ゲーム』(フジテレビ)がある。視聴率バトル、早くも勝負あった!?
    http://wjn.jp/article/detail/1664545/



    お宝ガールズ 1998年1月号 中山美穂 稲森いずみ 坂井泉水 梶原真弓 梶原真理子 藤原紀香 鈴木杏樹
    お宝ガールズ 1998年1月号 中山美穂 稲森いずみ 坂井泉水 梶原真弓 梶原真理子 藤原紀香 鈴木杏樹 [雑誌]


    元スレ
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1365398858/





    【【芸能】 稲森いずみ・木村文乃・・・渡辺淳一原作ドラマで、テレビの限界に迫る放送コードギリギリの濡れ場】の続きを読む

    2
    1: ◆ERINGI.ZLg @パリダカ筆頭固定φ ★ 2013/04/08(月) 15:22:14.64 ID:???
    BlogPaintある番組で芸歴30年を超す54歳の久本雅美が、21歳の若い女性タレントから「ちょっと謝って!」と本気で詰め寄られてしまった。 和気あいあいとした食べ歩きのリポートで、一体何があったのだろうか。4月5日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)“寄り道ナンデス”のコーナーでは久本雅美と藤原一裕(ライセンス)、河北麻友子の3人が、東京・表参道で話題のお店をリポートした。

    それは豆乳ケーキが人気のカフェでの出来事である。
    好きな種類のロールケーキを店先で選び、カフェスペースで食べることとなった。
    完熟バナナと有機チョコレートのクリームが入ったロールケーキを久本は選び、フォークで割って食べようとした時だ。
    隣に座っていた河北が、「わぁ、中にチョコレートが入っている!」とつぶやいた。
    すると冷静に「当たり前でしょ、チョコクリームなんだから」と久本は言い、続けて「ビックリするようなコメントはやめて欲しいですよ」と珍しく嫌味っぽい言葉を吐いていた。

    だがよく見ると河北の言うとおり、チョコクリームの中に板チョコのかけらが入れられていたのだ。
    「河北ちゃん本当だ、ゴメ…」と久本の謝りの言葉を遮るように、「でしょ~、ちょっと謝って!」と大声で抗議する河北。笑ってはいるものの、久本の体を叩いている。

    芸能界の先輩に対する彼女の言動に驚いた藤原は、「お前、おかしいぞ!」と河北を戒めながら、久本には「謝らんでいいんです」と進言した。
    しかし“あんなに強く言われたんだから(謝って欲しい)”となおも食い下がる河北に対し、「ジャパニーズの中にはない感覚やぞ!」と藤原は真顔で言いきかせていたのだ。

    ニューヨーク育ちで帰国子女の河北は、「You see、もう~」と最後まで自分が間違っていないことにこだわり続けた。
    一方の久本は彼女に謝ったのはもちろんのこと、どこか河北に気を遣っていたようにも見えたのだ。
    スタジオではこのVTRを、“帰国子女嫌い”で有名な有吉弘行が、苦笑いを浮かべながら見ていた。
    彼の感想を、ぜひ聞いてみたいものだ。
    (TechinsightJapan編集部 みやび)

    ソース
    http://n.m.livedoor.com/f/c/7573096




    元スレ
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1365402134/






    【【芸能】「You see.」久本雅美、カメラの前で謝罪を要求される…許してくれない、帰国子女。】の続きを読む

    このページのトップヘ